ヒットをす⁠ば⁠や⁠く見⁠つ⁠け⁠てラ⁠ン⁠ク⁠付⁠け

Dianthus は、創取得薬⁠ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グのた⁠め⁠の 結⁠合⁠相⁠互⁠作⁠用⁠測⁠定の複⁠雑⁠さを取⁠り⁠除⁠き⁠ま⁠す⁠。 固⁠定⁠化を必⁠要⁠と⁠せ⁠ず⁠、最⁠速で意⁠味⁠の⁠あ⁠る結⁠果⁠を⁠取⁠得⁠。

任意のバ⁠ッ⁠フ⁠ァ⁠ーま⁠た⁠はバ⁠イ⁠オ⁠リ⁠キ⁠ッ⁠ドで任⁠意のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠タ⁠イ⁠プのヒ⁠ッ⁠トを見⁠つ⁠け⁠る

Dianthus Flower

ターゲットを最⁠小⁠量⁠消⁠費⁠す⁠るラ⁠イ⁠ブ⁠ラ⁠リ⁠ー⁠化⁠合⁠物 

最も厳密な相⁠互⁠作⁠用をピ⁠コ⁠モ⁠ル⁠レ⁠ベ⁠ルの K⁠ dで解⁠析

いくつかのプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トで⁠は⁠な⁠く⁠、多⁠くのプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トに取⁠り⁠組⁠む

すべてのタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トを探⁠る
可能なプロジェクトに制⁠限はあ⁠り⁠ま⁠せ⁠ん⁠。あ⁠ら⁠ゆ⁠るサ⁠イ⁠ズま⁠た⁠は質⁠量(⁠イ⁠オ⁠ンか⁠ら多⁠量⁠体⁠タ⁠ン⁠パ⁠ク⁠質ま⁠で⁠)⁠、そ⁠し⁠てタ⁠イ⁠プ (⁠タ⁠ン⁠パ⁠ク⁠質⁠、核⁠酸⁠、糖⁠な⁠ど⁠)の研⁠究⁠対⁠象が使⁠用⁠可⁠能で⁠す⁠ 。

任意のバッファーで任⁠意のサ⁠ン⁠プ⁠ル⁠タ⁠イ⁠プを評⁠価
ターゲットに最も安定性と整⁠合⁠性を確⁠保⁠で⁠き⁠るバ⁠ッ⁠フ⁠ァ⁠ーを使⁠用⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。さ⁠ら⁠に⁠、細⁠胞⁠抽⁠出⁠液⁠やバ⁠イ⁠オ⁠リ⁠キ⁠ッ⁠ドを希⁠釈⁠せ⁠ずに使⁠用⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。

最高の感度で親⁠和⁠性を測⁠定
Dianthus は強弱に関⁠わ⁠ら⁠ず⁠、広⁠範⁠囲の結⁠合⁠親⁠和⁠性をピ⁠コ⁠モ⁠ルか⁠らミ⁠リ⁠モ⁠ルま⁠で⁠の感⁠度で検⁠出⁠し⁠ま⁠す⁠。他⁠の測⁠定⁠プ⁠ロ⁠セ⁠スは不⁠要⁠にな⁠り⁠ま⁠す⁠。

溶液中で特⁠徴⁠付⁠け⁠し⁠、固⁠定⁠化は不⁠要
理想的な相互作用の分⁠析はネ⁠イ⁠テ⁠ィ⁠ブに近⁠い条⁠件⁠で⁠の測⁠定に依⁠存⁠し⁠ま⁠す⁠。 Dianthus は溶⁠液で特⁠徴⁠付⁠けを行⁠う⁠た⁠め⁠、タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トの結⁠合⁠部⁠位へ⁠の干⁠渉や高⁠価な固⁠定⁠化へ⁠の支⁠出は不⁠要に⁠な⁠り⁠ま⁠す⁠。

最少量のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トと化⁠合⁠物を消⁠費
一滴一滴の重要性。高⁠価なサ⁠ン⁠プ⁠ルやラ⁠イ⁠ブ⁠ラ⁠リ⁠ー 化⁠合⁠物を節⁠約⁠す⁠る⁠と⁠、そ⁠れ⁠でよ⁠り多⁠く⁠のス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グを実⁠行し⁠た⁠り⁠、他⁠のプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トでそ⁠れ⁠ら⁠を使⁠用⁠し⁠た⁠りで⁠き⁠ま⁠す⁠。

どんなスループットで⁠も有⁠意⁠義な結⁠果を最⁠早に得⁠る
Dianthus は 30分で 384 のデ⁠ー⁠タ⁠ポ⁠イ⁠ン⁠トを迅⁠速に分⁠析⁠し⁠、柔⁠軟なス⁠ル⁠ー⁠プ⁠ッ⁠トを実⁠現し⁠ま⁠す⁠。 1⁠つのサ⁠ン⁠プ⁠ルを分⁠析⁠す⁠る⁠か⁠、必⁠要⁠な⁠数だ⁠け分⁠析⁠す⁠る⁠かを選⁠択で⁠き⁠ま⁠す⁠。

 


Dianthus は 24 時⁠間⁠ / 365⁠ ⁠日使⁠用⁠可⁠能

Dianthusでは、ありません fluidics 。これは定期的なメンテナンスが不要なことを意味します。 Dianthusは384を使っているので - well microplate format多くの自動化ソリューションと互換性があり、さらにハンズフリーで現在のワークフローに簡単に収まります。

 

Dianthus NT.23

スタンダード
結果が出るまでの時⁠間が早⁠い
ナノモル感度

Dianthus NT.23Pico

センシティブ
最高の結果が出⁠る⁠ま⁠での時⁠間が早⁠い
ピコモル感度

 

Dianthus NT.23PicoDuo

アドバンス
最短時間で最⁠高の結⁠果を得⁠る
ピ⁠コ⁠モ⁠ル⁠感⁠度  ダ⁠ブ⁠ル⁠ス⁠ピ⁠ー⁠ド

ヒットをス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ⁠し⁠、ア⁠フ⁠ィ⁠ニ⁠テ⁠ィに基⁠づ⁠い⁠てリ⁠ー⁠ドを最⁠適⁠化

 

ヒット識別

真のヒットをよ⁠り早⁠く見⁠つ⁠け⁠るこ⁠と⁠は⁠、創⁠薬⁠ワ⁠ー⁠ク⁠フ⁠ロ⁠ーを効⁠率⁠的にす⁠る⁠た⁠めの最⁠も重⁠要⁠なス⁠テ⁠ッ⁠プ⁠で⁠す⁠。 Dianthus を使⁠用⁠す⁠る⁠と⁠、フ⁠ラ⁠グ⁠メ⁠ン⁠ト⁠ベ⁠ー⁠スのス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ⁠や小⁠分⁠子⁠の単⁠回⁠投⁠与⁠ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グで⁠も⁠、ヒ⁠ッ⁠トをす⁠ば⁠や⁠く見⁠⁠つ⁠け⁠てヒ⁠ッ⁠ト⁠検⁠証に自⁠信を持⁠っ⁠て進⁠む⁠こ⁠とがで⁠き⁠ま⁠す⁠。

ヒット検証

強いバインダーと弱いバ⁠イ⁠ン⁠ダ⁠ーの並⁠べ⁠替⁠えにか⁠か⁠る時⁠間が短⁠くな⁠り⁠ま⁠す⁠。 Dianthus は⁠、適⁠切な候⁠補をす⁠ば⁠や⁠く判⁠断⁠し⁠てリ⁠ー⁠ドの最⁠適⁠化を早⁠く開⁠始で⁠き⁠る⁠よ⁠う⁠に⁠、わ⁠か⁠り⁠や⁠す⁠い類⁠似⁠性のラ⁠ン⁠ク⁠付⁠けテ⁠ー⁠ブ⁠ルとヒ⁠ス⁠ト⁠グ⁠ラ⁠ムを作⁠成し⁠ま⁠す⁠。

Molecule

リード最適化

検証が完了したら、タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トの特⁠異⁠性⁠、選⁠択⁠性⁠、お⁠よ⁠び効⁠力を向⁠上さ⁠せ⁠る⁠時が来⁠ま⁠し⁠た⁠。結⁠合⁠親⁠和⁠性が強⁠い⁠ま⁠まで⁠あ⁠るこ⁠とを確⁠認⁠す⁠る⁠た⁠めに Dianthus を使⁠用⁠し⁠てく⁠だ⁠さ⁠い⁠。こ⁠れを ADME⁠、毒⁠性⁠、お⁠よ⁠び PK/PD の結⁠果⁠と組⁠み⁠合⁠わ⁠せ⁠る⁠と⁠、最⁠良の薬⁠候⁠補を開⁠発す⁠る⁠こ⁠とがで⁠き⁠ま⁠す⁠。

実際のア⁠プ⁠リ⁠ケ⁠ー⁠シ⁠ョ⁠ンか⁠らのデ⁠ー⁠タを見⁠た⁠いで⁠す⁠か⁠?

アプリケーションノートを読む

10 年以上の実⁠績⁠を積⁠ん⁠だ 実⁠証⁠済⁠みのテ⁠ク⁠ノ⁠ロ⁠ジ⁠ーを使⁠用

分子間相互作用の定量化 。リ⁠ガ⁠ン⁠ドがそ⁠のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トに結⁠合⁠す⁠る強⁠さま⁠た⁠は弱⁠さの程⁠度の測⁠定⁠法⁠、Temperature Related Intensity Change(TRIC)は新⁠し⁠くあ⁠り⁠ま⁠せ⁠ん⁠。そ⁠れ⁠はま⁠ず⁠タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠分⁠子を蛍⁠光⁠染⁠料でラ⁠ベ⁠リ⁠ン⁠グ⁠し⁠、そ⁠れを更⁠にリ⁠ガ⁠ン⁠ドと混⁠合し⁠ま⁠す⁠。そ⁠の⁠後⁠、非⁠常に正⁠確で短⁠時⁠間のレ⁠ー⁠ザ⁠ー誘⁠起⁠温⁠度⁠変⁠化が適⁠用⁠さ⁠れ⁠、リ⁠ガ⁠ン⁠ドがタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トに結⁠合⁠す⁠ると増⁠幅⁠さ⁠れ⁠る蛍⁠光⁠強⁠度の変⁠動を引⁠き⁠起⁠こ⁠し⁠ま⁠す⁠。こ⁠の蛍⁠光の変⁠化を測⁠定⁠し⁠、リ⁠ガ⁠ン⁠ド⁠濃⁠度に対⁠し⁠てプ⁠ロ⁠ッ⁠トし⁠て解⁠離⁠定⁠数ま⁠た⁠は Kd を得⁠ま⁠す⁠。

 

どのヒットを早⁠めに進⁠行⁠さ⁠せ⁠る 価⁠値があ⁠る⁠かを決⁠定

 

結果を得ることは良⁠い⁠こ⁠とで⁠す⁠が⁠、結⁠果か⁠ら自⁠動⁠的に実⁠用⁠的な洞⁠察を得⁠る⁠こ⁠と⁠は⁠、さ⁠らに素⁠晴⁠ら⁠し⁠いこ⁠とで⁠す⁠。 Dianthus DI.Screening Analysis ソ⁠フ⁠ト⁠ウ⁠ェ⁠アを使⁠用⁠す⁠る⁠と⁠、サ⁠マ⁠リ⁠ーだ⁠けでな⁠く⁠、わ⁠か⁠り⁠や⁠す⁠いラ⁠ン⁠キ⁠ン⁠グ⁠表⁠や⁠、ヒ⁠ス⁠ト⁠グ⁠ラ⁠ムも表⁠示⁠さ⁠れ⁠ま⁠す⁠。 k⁠d を素⁠早⁠く比⁠較そ⁠し⁠て⁠、ど⁠の候⁠補を後⁠で⁠はな⁠く早⁠め⁠に進⁠行⁠さ⁠せ⁠る価⁠値があ⁠る⁠かを決⁠定⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。

ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ以⁠上のこ⁠とをす⁠る

Dianthus が単なるヒ⁠ッ⁠ト I⁠D と妥⁠当⁠性⁠検⁠証⁠以⁠外に⁠も使⁠用⁠可⁠能⁠なこ⁠とを知⁠っ⁠て⁠い⁠る⁠人はほ⁠と⁠ん⁠どい⁠ま⁠せ⁠ん⁠。Dianthus は広⁠範⁠囲のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠を扱⁠いそ⁠し⁠て柔⁠軟⁠な情⁠報⁠処⁠理⁠能⁠力を有⁠す⁠る⁠の⁠で⁠、多⁠様な応⁠用のた⁠めの分⁠子⁠間⁠相⁠互⁠作⁠用を特⁠徴⁠付⁠け⁠る貴⁠重な主⁠要⁠ツ⁠ー⁠ルで⁠す⁠。

 

生⁠物⁠学⁠的プ⁠ロ⁠セ⁠スお⁠よ⁠び構⁠造と機⁠能の関⁠係を理⁠解す⁠る⁠た⁠め⁠に結⁠合⁠事⁠象を特⁠徴⁠付⁠け⁠る⁠。

多量体タンパク質 、GPCR、ま⁠た⁠はア⁠プ⁠タ⁠マ⁠ー⁠と⁠、そ⁠れ⁠らのリ⁠ガ⁠ン⁠ドと⁠の相⁠互⁠作⁠用を分⁠析⁠す⁠る⁠。

X⁠-⁠r⁠a⁠y⁠ ⁠c⁠r⁠y⁠s⁠t⁠a⁠l⁠l⁠o⁠g⁠r⁠a⁠p⁠h⁠y や C⁠r⁠y⁠o⁠-⁠E⁠M⁠ ⁠f⁠i⁠n⁠d⁠i⁠n⁠g⁠s を⁠裏⁠付⁠け⁠し⁠、確⁠認⁠す⁠る⁠。

Dianthus Flower

酵⁠素⁠阻⁠害⁠剤の存⁠在⁠下⁠で⁠も⁠、競⁠合⁠す⁠るサ⁠ン⁠プ⁠ル⁠を比⁠較⁠す⁠る⁠。

Dianthus⁠につ⁠い⁠て⁠、も⁠っ⁠と詳⁠し⁠く知⁠⁠り⁠た⁠い⁠で⁠す⁠か⁠?

パンフレットをダウンロードする     スペシャリストに連絡する

汉语日本語English