ヒットをす⁠ば⁠や⁠く見⁠つ⁠け⁠てラ⁠ン⁠ク⁠付⁠け

Dianthus は、創取得薬⁠ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グのた⁠め⁠の 結⁠合⁠相⁠互⁠作⁠用⁠測⁠定の複⁠雑⁠さを取⁠り⁠除⁠き⁠ま⁠す⁠。 固⁠定⁠化を必⁠要⁠と⁠せ⁠ず⁠、最⁠速で意⁠味⁠の⁠あ⁠る結⁠果⁠を⁠取⁠得⁠。

任意のバ⁠ッ⁠フ⁠ァ⁠ーま⁠た⁠はバ⁠イ⁠オ⁠リ⁠キ⁠ッ⁠ドで任⁠意のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠タ⁠イ⁠プのヒ⁠ッ⁠トを見⁠つ⁠け⁠る

ターゲットを最⁠小⁠量⁠消⁠費⁠す⁠るラ⁠イ⁠ブ⁠ラ⁠リ⁠ー⁠化⁠合⁠物

最も厳密な相⁠互⁠作⁠用をピ⁠コ⁠モ⁠ル⁠レ⁠ベ⁠ルの K⁠dで解⁠析

いくつかのプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トで⁠は⁠な⁠く⁠、多⁠くのプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トに取⁠り⁠組⁠む


すべてのタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トを探⁠る
可能なプロジェクトに制⁠限はあ⁠り⁠ま⁠せ⁠ん⁠。あ⁠ら⁠ゆ⁠るサ⁠イ⁠ズま⁠た⁠は質⁠量(⁠イ⁠オ⁠ンか⁠ら多⁠量⁠体⁠タ⁠ン⁠パ⁠ク⁠質ま⁠で⁠)⁠、そ⁠し⁠てタ⁠イ⁠プ (⁠タ⁠ン⁠パ⁠ク⁠質⁠、核⁠酸⁠、糖⁠な⁠ど⁠)の研⁠究⁠対⁠象が使⁠用⁠可⁠能で⁠す⁠ 。


任意のバッファーで任⁠意のサ⁠ン⁠プ⁠ル⁠タ⁠イ⁠プを評⁠価
ターゲットに最も安定性と整⁠合⁠性を確⁠保⁠で⁠き⁠るバ⁠ッ⁠フ⁠ァ⁠ーを使⁠用⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。さ⁠ら⁠に⁠、細⁠胞⁠抽⁠出⁠液⁠やバ⁠イ⁠オ⁠リ⁠キ⁠ッ⁠ドを希⁠釈⁠せ⁠ずに使⁠用⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。


最高の感度で親⁠和⁠性を測⁠定
Dianthus は強弱に関⁠わ⁠ら⁠ず⁠、広⁠範⁠囲の結⁠合⁠親⁠和⁠性をピ⁠コ⁠モ⁠ルか⁠らミ⁠リ⁠モ⁠ルま⁠で⁠の感⁠度で検⁠出⁠し⁠ま⁠す⁠。他⁠の測⁠定⁠プ⁠ロ⁠セ⁠スは不⁠要⁠にな⁠り⁠ま⁠す⁠。


溶液中で特⁠徴⁠付⁠け⁠し⁠、固⁠定⁠化は不⁠要
理想的な相互作用の分⁠析はネ⁠イ⁠テ⁠ィ⁠ブに近⁠い条⁠件⁠で⁠の測⁠定に依⁠存⁠し⁠ま⁠す⁠。 Dianthus は溶⁠液で特⁠徴⁠付⁠けを行⁠う⁠た⁠め⁠、タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トの結⁠合⁠部⁠位へ⁠の干⁠渉や高⁠価な固⁠定⁠化へ⁠の支⁠出は不⁠要に⁠な⁠り⁠ま⁠す⁠。


最少量のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トと化⁠合⁠物を消⁠費
一滴一滴の重要性。高⁠価なサ⁠ン⁠プ⁠ルやラ⁠イ⁠ブ⁠ラ⁠リ⁠ー 化⁠合⁠物を節⁠約⁠す⁠る⁠と⁠、そ⁠れ⁠でよ⁠り多⁠く⁠のス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グを実⁠行し⁠た⁠り⁠、他⁠のプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠トでそ⁠れ⁠ら⁠を使⁠用⁠し⁠た⁠りで⁠き⁠ま⁠す⁠。



どんなスループットで⁠も有⁠意⁠義な結⁠果を最⁠早に得⁠る
Dianthus は 30分で 384 のデ⁠ー⁠タ⁠ポ⁠イ⁠ン⁠トを迅⁠速に分⁠析⁠し⁠、柔⁠軟なス⁠ル⁠ー⁠プ⁠ッ⁠トを実⁠現し⁠ま⁠す⁠。 1⁠つのサ⁠ン⁠プ⁠ルを分⁠析⁠す⁠る⁠か⁠、必⁠要⁠な⁠数だ⁠け分⁠析⁠す⁠る⁠かを選⁠択で⁠き⁠ま⁠す⁠。


Dianthus は 24 時⁠間⁠ / 365⁠ ⁠日使⁠用⁠可⁠能

Dianthusでは、ありません fluidics 。これは定期的なメンテナンスが不要なことを意味します。 Dianthusは384を使っているので - well microplate format多くの自動化ソリューションと互換性があり、さらにハンズフリーで現在のワークフローに簡単に収まります。

Dianthus NT.23

スタンダード


結果が出るまでの時⁠間が早⁠い ナノモル感度

Dianthus NT.23Pico

センシティブ


最高の結果が出⁠る⁠ま⁠での時⁠間が早⁠い ピコモル感度

Dianthus NT.23PicoDuo

アドバンス


最短時間で最⁠高の結⁠果を得⁠る ピ⁠コ⁠モ⁠ル⁠感⁠度 ダ⁠ブ⁠ル⁠ス⁠ピ⁠ー⁠ド

ヒットをス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ⁠し⁠、ア⁠フ⁠ィ⁠ニ⁠テ⁠ィに基⁠づ⁠い⁠てリ⁠ー⁠ドを最⁠適⁠化

ヒット識別

真のヒットをよ⁠り早⁠く見⁠つ⁠け⁠るこ⁠と⁠は⁠、創⁠薬⁠ワ⁠ー⁠ク⁠フ⁠ロ⁠ーを効⁠率⁠的にす⁠る⁠た⁠めの最⁠も重⁠要⁠なス⁠テ⁠ッ⁠プ⁠で⁠す⁠。 Dianthus を使⁠用⁠す⁠る⁠と⁠、フ⁠ラ⁠グ⁠メ⁠ン⁠ト⁠ベ⁠ー⁠スのス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ⁠や小⁠分⁠子⁠の単⁠回⁠投⁠与⁠ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グで⁠も⁠、ヒ⁠ッ⁠トをす⁠ば⁠や⁠く見⁠⁠つ⁠け⁠てヒ⁠ッ⁠ト⁠検⁠証に自⁠信を持⁠っ⁠て進⁠む⁠こ⁠とがで⁠き⁠ま⁠す⁠。

ヒット検証

強いバインダーと弱いバ⁠イ⁠ン⁠ダ⁠ーの並⁠べ⁠替⁠えにか⁠か⁠る時⁠間が短⁠くな⁠り⁠ま⁠す⁠。 Dianthus は⁠、適⁠切な候⁠補をす⁠ば⁠や⁠く判⁠断⁠し⁠てリ⁠ー⁠ドの最⁠適⁠化を早⁠く開⁠始で⁠き⁠る⁠よ⁠う⁠に⁠、わ⁠か⁠り⁠や⁠す⁠い類⁠似⁠性のラ⁠ン⁠ク⁠付⁠けテ⁠ー⁠ブ⁠ルとヒ⁠ス⁠ト⁠グ⁠ラ⁠ムを作⁠成し⁠ま⁠す⁠。

リード最適化

検証が完了したら、タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トの特⁠異⁠性⁠、選⁠択⁠性⁠、お⁠よ⁠び効⁠力を向⁠上さ⁠せ⁠る⁠時が来⁠ま⁠し⁠た⁠。結⁠合⁠親⁠和⁠性が強⁠い⁠ま⁠まで⁠あ⁠るこ⁠とを確⁠認⁠す⁠る⁠た⁠めに Dianthus を使⁠用⁠し⁠てく⁠だ⁠さ⁠い⁠。こ⁠れを ADME⁠、毒⁠性⁠、お⁠よ⁠び PK/PD の結⁠果⁠と組⁠み⁠合⁠わ⁠せ⁠る⁠と⁠、最⁠良の薬⁠候⁠補を開⁠発す⁠る⁠こ⁠とがで⁠き⁠ま⁠す⁠。

実際のア⁠プ⁠リ⁠ケ⁠ー⁠シ⁠ョ⁠ンか⁠らのデ⁠ー⁠タを見⁠た⁠いで⁠す⁠か⁠?

 

アプリケーションノートを読む


 

10 年以上の実⁠績⁠を積⁠ん⁠だ 実⁠証⁠済⁠みのテ⁠ク⁠ノ⁠ロ⁠ジ⁠ーを使⁠用

分子間相互作用の定量化 。リ⁠ガ⁠ン⁠ドがそ⁠のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トに結⁠合⁠す⁠る強⁠さま⁠た⁠は弱⁠さの程⁠度の測⁠定⁠法⁠、Temperature Related Intensity Change(TRIC)は新⁠し⁠くあ⁠り⁠ま⁠せ⁠ん⁠。そ⁠れ⁠はま⁠ず⁠タ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠分⁠子を蛍⁠光⁠染⁠料でラ⁠ベ⁠リ⁠ン⁠グ⁠し⁠、そ⁠れを更⁠にリ⁠ガ⁠ン⁠ドと混⁠合し⁠ま⁠す⁠。そ⁠の⁠後⁠、非⁠常に正⁠確で短⁠時⁠間のレ⁠ー⁠ザ⁠ー誘⁠起⁠温⁠度⁠変⁠化が適⁠用⁠さ⁠れ⁠、リ⁠ガ⁠ン⁠ドがタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠トに結⁠合⁠す⁠ると増⁠幅⁠さ⁠れ⁠る蛍⁠光⁠強⁠度の変⁠動を引⁠き⁠起⁠こ⁠し⁠ま⁠す⁠。こ⁠の蛍⁠光の変⁠化を測⁠定⁠し⁠、リ⁠ガ⁠ン⁠ド⁠濃⁠度に対⁠し⁠てプ⁠ロ⁠ッ⁠トし⁠て解⁠離⁠定⁠数ま⁠た⁠は Kd を得⁠ま⁠す⁠。

Dianthus Technology

どのヒットを早⁠めに進⁠行⁠さ⁠せ⁠る 価⁠値があ⁠る⁠かを決⁠定

結果を得ることは良⁠い⁠こ⁠とで⁠す⁠が⁠、結⁠果か⁠ら自⁠動⁠的に実⁠用⁠的な洞⁠察を得⁠る⁠こ⁠と⁠は⁠、さ⁠らに素⁠晴⁠ら⁠し⁠いこ⁠とで⁠す⁠。 Dianthus DI.Screening Analysis ソ⁠フ⁠ト⁠ウ⁠ェ⁠アを使⁠用⁠す⁠る⁠と⁠、サ⁠マ⁠リ⁠ーだ⁠けでな⁠く⁠、わ⁠か⁠り⁠や⁠す⁠いラ⁠ン⁠キ⁠ン⁠グ⁠表⁠や⁠、ヒ⁠ス⁠ト⁠グ⁠ラ⁠ムも表⁠示⁠さ⁠れ⁠ま⁠す⁠。 k⁠d を素⁠早⁠く比⁠較そ⁠し⁠て⁠、ど⁠の候⁠補を後⁠で⁠はな⁠く早⁠め⁠に進⁠行⁠さ⁠せ⁠る価⁠値があ⁠る⁠かを決⁠定⁠で⁠き⁠ま⁠す⁠。


 

より早いヒット スクリーニン グのためには 、高品質な実験 消耗品を利用 しよう

確かなヒット を検出するた めにも、高品 質な実験消耗 品をお使いく ださい 。Dianthus 384-well plates は特別なコ ーティング材 を用いており 、タンパク質 がウェルにく っつかないこ とは厳しい品 質管理テスト を経て確認済 みです。プレ ートについて いるバーコ ードからは、 そのプレート で行なった分 析の追跡が可 能です。2nd Generation Labeling kit には、高品質 のフルオロフ ォアが含まれ ており、お持 ちのタンパク 質・ペプチド の分類を行う ことができま す。このフル オロフォアは 感受性がとて も高いので、 他の分子との 結合の検出が より簡単です。

ヒッ トスクリーニン グをより迅速に 始めたい場合は 、Buffer Exploration Kit をご利用く ださい。こ のキットに はバッファ プレートが 入っており 、プレート の中には様 々な種類の 塩、界面活 性剤、添加 物を含むバ ッファシス テムがあら かじめ搭載 されており ます。これ により体系 的なアッセ イ開発が可 能となって おります。 様々なタイ プのバッフ ァをお持ち のサンプル と合わせる ことにより 、お持ちの サンプルに 最適なバッ ファを効率 的に見つけ ることがで き、アッセ イ開発をよ り低コスト ・効率的に 行うことが できます。

ス⁠ク⁠リ⁠ー⁠ニ⁠ン⁠グ以⁠上のこ⁠とをす⁠る

 

Dianthus が単なるヒ⁠ッ⁠ト I⁠D と妥⁠当⁠性⁠検⁠証⁠以⁠外に⁠も使⁠用⁠可⁠能⁠なこ⁠とを知⁠っ⁠て⁠い⁠る⁠人はほ⁠と⁠ん⁠どい⁠ま⁠せ⁠ん⁠。Dianthus は広⁠範⁠囲のタ⁠ー⁠ゲ⁠ッ⁠ト⁠を扱⁠いそ⁠し⁠て柔⁠軟⁠な情⁠報⁠処⁠理⁠能⁠力を有⁠す⁠る⁠の⁠で⁠、多⁠様な応⁠用のた⁠めの分⁠子⁠間⁠相⁠互⁠作⁠用を特⁠徴⁠付⁠け⁠る貴⁠重な主⁠要⁠ツ⁠ー⁠ルで⁠す⁠。

 



生⁠物⁠学⁠的プ⁠ロ⁠セ⁠スお⁠よ⁠び構⁠造と機⁠能の関⁠係を理⁠解す⁠る⁠た⁠め⁠に結⁠合⁠事⁠象を特⁠徴⁠付⁠け⁠る⁠。



多量体タンパク質 、GPCR、ま⁠た⁠はア⁠プ⁠タ⁠マ⁠ー⁠と⁠、そ⁠れ⁠らのリ⁠ガ⁠ン⁠ドと⁠の相⁠互⁠作⁠用を分⁠析⁠す⁠る⁠。



X⁠-⁠r⁠a⁠y⁠ ⁠c⁠r⁠y⁠s⁠t⁠a⁠l⁠l⁠o⁠g⁠r⁠a⁠p⁠h⁠y や C⁠r⁠y⁠o⁠-⁠E⁠M⁠ ⁠f⁠i⁠n⁠d⁠i⁠n⁠g⁠s を⁠裏⁠付⁠け⁠し⁠、確⁠認⁠す⁠る⁠。



酵⁠素⁠阻⁠害⁠剤の存⁠在⁠下⁠で⁠も⁠、競⁠合⁠す⁠るサ⁠ン⁠プ⁠ル⁠を比⁠較⁠す⁠る⁠。

Dianthus⁠につ⁠い⁠て⁠、も⁠っ⁠と詳⁠し⁠く知⁠⁠り⁠た⁠い⁠で⁠す⁠か⁠?

パンフレットをダウンロードする     スペシャリストに連絡する

汉语日本語English